脳出血

まずはこちらからご覧ください

病院の裏側

の人気がわかる人気ブログランキング




今回は脳出血についてのお話です。

脳出血(視床)画像.gif

脳出血の原因でもっとも多いのは、高血圧です(高血圧性脳出血)。脳出血は
40〜70代にかけて多く見られる病気ですが、以前より若い年代の方脳出血の発症も
増えてきている様です。
加重のストレスや食生活の変化なども脳出血の原因にあるのかもしれませんね。
脳外科では、夏は脳梗塞、冬は脳出血の患者さんが多いです。これには、
しっかりした理由があって、夏は体内の水分が不足気味になり血液がドロドロになって
しまいがちです。そーすると、血管内で詰まりやすくなって脳梗塞の原因となりやすい
状態になります。冬については、室内外の温度差が激しく、急激な血圧の上昇が
他の季節に比べて起きやすく脳出血の原因となっています。
高血圧以外の脳出血の原因としては、外傷性(外傷性脳出血)、血管の先天異常
(能動静脈奇形)、血液の病気、脳の感染症、脳腫瘍などがあります。

脳出血の症状としては、頭痛、半身のまひやしびれ、言葉のもつれ(呂律障害)、
立てなくなる(起立困難、歩行障害)、めまい、ふらつきなどがあります。
脳出血が脳のどの場所で起こったか、その大きさにより症状が異なったりします。
重症のものでは頭痛、嘔吐、意識障害を伴うものもあります。
遺伝性の脳出血については通常ないとされている様ですが、生活習慣病(高血圧・
高脂血症・糖尿病)などでの遺伝性が認められている事を考えると、まんざら否定は
できなさそうです。

脳出血の治療方法としては、高血圧の治療、脳のむくみをとる治療が行われます。
血腫(血の塊)が大きく、生命に危険がある場合には、手術を行う場合もあります。
血腫の場所、大きさ、意識障害の程度、年齢などを考慮して手術の適応を決めます。
脳出血の手術する場合は、重症のケースで行われることが多く、手術後の脳出血後遺症の
可能性も高くなります。
脳出血後遺症に対しては、リハビリテーションをはじめ様々な看護も行われます。
脳出血や脳梗塞などの脳卒中に対するリハビリテーションは運動麻痺を主とした
中枢神経系の障害をもたれた方に対して、手足のまひやしびれの回復や、日常生活の
不便さを改善するために医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などが
チームを組んでお手伝いしています。
脳出血は重症から軽症のものまでありますが、発症1〜3ヶ月以内の死亡率は
15%前後と言われています。

サイトマップ
DFP
【症状・兆候】
頭痛の原因|頭痛の種類|メマイとふらつき|吐き気や嘔吐を伴う病気|耳鳴りの原因|危険なしびれの症状|アレルギー原因と症状|肥満の意外な原因 |腹痛|病院での痛い検査夏バテ解消法|冷え性   
【病気】
くも膜下出血 その症状と原因|髄膜炎|水頭症|片頭痛|脳挫傷|アルツハイマー型痴呆|一過性脳虚血発作とは|
パーキンソン病と症候群の違い|うつ病-原因と症状|脳腫瘍|脳出血|急性胃炎生活習慣病|姿勢性症候群|
めまいと病気|インフルエンザ|脳梗塞とは@|脳梗塞とはA|高血圧 |胃腸炎?|病院の診断書|
【医療事務】
医療事務の仕事・資格・求人|医療事務の仕事|救急車の運転|  
【病院・医療ネタ】
注射|つめで肥満体質がわかる?|メタボリックシンドローム|救急病院の問題|病院のカルテ読めますか?|採血の必要性|ジェネリック医薬品|がん予防|デング熱|王監督再入院|名医 |カレーでボケ防止!|王監督退院決定!|
小橋選手、がんを克服し退院!|都会の男性!心疾患に要注意です。|2時間待ち3分診療という病院の現実 |平均寿命 |
ウィニーで精神疾患患者データ流出 |人気ドラマ『白い巨塔』『医龍』に見る大名行列|王監督、手術成功!|
メンタルヘルス|メンタルヘルスA|
【病院】
風邪をひいたら・・・|病院勤務の特権|医療関係者はおたく?|意識障害の患者|病院の売上目標|病院の朝|
新人看護師の事件簿|白衣の天使|放射線室での喜劇|デジャヴ〜交通事故の少女〜|霊安室の恐怖 |脳腫瘍の患者|
交通事故の患者@|交通事故の患者A|交通事故の患者B|
【医療制度】
健康保険証に臓器提供意思表示欄|延命治療の是非|医療費抑制に拍車|
【健康・ダイエット】
デトックス健康法  
【病院で起きた事件】
心筋梗塞|宿直時の大地震|車炎上?|
【いい医者の見分】
いい医者の見分け方|名医とは|
【医療ミス(病院での医療過誤)】
群馬大学病院での医療ミスについて|病院の医療ミス
【自己紹介】
私が病院を辞めた訳


【PR】病院 就業規則 ・ クリニック 就業規則
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。