姿勢性症候群

まずはこちらからご覧ください

病院の裏側

の人気がわかる人気ブログランキング




先日「姿勢性症候群」が増加中との報道をみました。

姿勢性症候群は、屈曲した前傾姿勢を取り続けた結果、首と胸椎に継続的な
力が加わって起こる疾患の事です。
説明によると、この姿勢性症候群は一般的に第4〜6胸椎の間にある椎間板に対して
起こり、筋肉の圧痛や硬直、場合によっては神経過敏などを伴うという事です。

何年にもわたって前屈みの姿勢を取っていると、椎間板の間隔が狭くなり、
肩胛骨の下部や腕、背中へと神経過敏症が広がってしまいます。
1日中PCに向かってマウスやキーボードを繰り返し操作していると、手首の
弱化やテニス肘、最悪のケースでは手根管症候群を発症します。こうした症
状を訴える患者は、のちに上背部や首の痛みを感じるようになる場合が多い
とも言われています。

長時間同じ姿勢でキーボードを打っていると・・・
第4胸椎に一点集中的に力がかかると、背中や腕の神経が麻痺し、上背部
および腰背部に痛みが拡散して、一部では「第4胸椎症候群」と呼ばれる
症状が起こります。これを異なる名称で呼ぶ医師や理学療法士もいますが、
次の点に関してはすべての意見が一致しています。すなわち、人間の体は
1日中同じ姿勢で座ったり仕事をしたりするようにはできておらず、コン
ピュータに向かって長時間作業をしていれば、おのずと身体機能に障害が
発生するというのです。

デスクでもできる手首のストレッチの必要性を認識している人は割に多いで
すが、だが、不自然な角度に曲げられた首や丸まった背中にまで注意を払う
ケースは少ないのが現状です。

報道では、ここ5年間で、手根管症候群より姿勢性症候群に悩む患者が増えた
といっています。定期的に運動をして体型を保っている人でも、長時間不自
然な姿勢で座り続ければ、こうした症状が発症する可能性があります。
専門家からは啓発と障害予防が問題を解決する手段だとの指摘があります。
学生時代にやかましく注意された正しい姿勢を思いだし、できれば20分ごと
にコンピュータの前から離れて、短い休憩を取るのがよいのです。

決して姿勢性症候群は命に関わるものではないですが、そうした症状を抱え
てたまま生活したり、病院に通院するのは非常に辛いですよね。
ほんの短い休憩でもかまわないので、同じ姿勢を取り続ける習慣をなくす様
心がけましょう。それが姿勢性症候群の最も効果的な予防になります。


サイトマップ
DFP
【症状・兆候】
頭痛の原因|頭痛の種類|メマイとふらつき|吐き気や嘔吐を伴う病気|耳鳴りの原因|危険なしびれの症状|アレルギー原因と症状|肥満の意外な原因 |腹痛|病院での痛い検査夏バテ解消法|冷え性   
【病気】
くも膜下出血 その症状と原因|髄膜炎|水頭症|片頭痛|脳挫傷|アルツハイマー型痴呆|一過性脳虚血発作とは|
パーキンソン病と症候群の違い|うつ病-原因と症状|脳腫瘍|脳出血|急性胃炎生活習慣病|姿勢性症候群|
めまいと病気|インフルエンザ|脳梗塞とは@|脳梗塞とはA|高血圧 |胃腸炎?|病院の診断書|
【医療事務】
医療事務の仕事・資格・求人|医療事務の仕事|救急車の運転|  
【病院・医療ネタ】
注射|つめで肥満体質がわかる?|メタボリックシンドローム|救急病院の問題|病院のカルテ読めますか?|採血の必要性|ジェネリック医薬品|がん予防|デング熱|王監督再入院|名医 |カレーでボケ防止!|王監督退院決定!|
小橋選手、がんを克服し退院!|都会の男性!心疾患に要注意です。|2時間待ち3分診療という病院の現実 |平均寿命 |
ウィニーで精神疾患患者データ流出 |人気ドラマ『白い巨塔』『医龍』に見る大名行列|王監督、手術成功!|
メンタルヘルス|メンタルヘルスA|
【病院】
風邪をひいたら・・・|病院勤務の特権|医療関係者はおたく?|意識障害の患者|病院の売上目標|病院の朝|
新人看護師の事件簿|白衣の天使|放射線室での喜劇|デジャヴ〜交通事故の少女〜|霊安室の恐怖 |脳腫瘍の患者|
交通事故の患者@|交通事故の患者A|交通事故の患者B|
【医療制度】
健康保険証に臓器提供意思表示欄|延命治療の是非|医療費抑制に拍車|
【健康・ダイエット】
デトックス健康法  
【病院で起きた事件】
心筋梗塞|宿直時の大地震|車炎上?|
【いい医者の見分】
いい医者の見分け方|名医とは|
【医療ミス(病院での医療過誤)】
群馬大学病院での医療ミスについて|病院の医療ミス
【自己紹介】
私が病院を辞めた訳


【PR】病院 就業規則 ・ クリニック 就業規則
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。