髄膜炎

まずはこちらからご覧ください

病院の裏側

の人気がわかる人気ブログランキング




髄膜炎のお話です。
髄膜炎は何気ない普通の風邪などからも波及する可能性のある
とても恐い病気です。



髄膜とは頭蓋骨と脳の間にあって脳を保護する役目をしている膜です。詳しく言えば
髄膜は3枚の膜、すなわち、脳に近いほうから軟膜、クモ膜、硬膜からなっていて、
この軟膜とクモ膜との間にクモ膜下腔というスペースがあり、脳脊髄液という
栄養たっぷりの液体がたまっています。この髄膜に細菌やウイルスがつくと髄膜が
炎症(髄膜炎)を発症します。髄膜は脳を被っている膜ですので、脳炎と紙一重の
状態になっています。
髄膜炎は風邪や蓄膿からも波及しますが大きく分けて無菌性(ウイルス性)髄膜炎と
化膿性(細菌性)髄膜炎に分けることができます。髄液を腰からぬいて培養し
(腰椎穿刺)、原因の細菌が見つかると化膿性髄膜炎といい、細菌が見つからないと
無菌性髄膜炎と呼んでいますが、無菌性髄膜炎のほとんどがウイルス性の髄膜炎と
考えられます。
主な症状は発熱、頭痛、嘔吐などです。この他、頚部の硬直もみられます。
意識の低下や、けいれんを起こしたりすると髄膜炎が増悪し脳炎を併発している
可能性が強く疑われます。
治療は入院にて安静にし、ウイルス性髄膜炎の場合は嘔吐や頭痛で水分がとれない
場合には点滴をします。細菌培養の結果が判明するまで抗生剤を使うことも
あります。細菌性髄膜炎の場合は抗生剤の点滴を中心に治療します。
純粋な髄膜炎だけで終われば後遺症はほとんどないと考えられないですが、軽くても
脳炎になってしまうと後遺症を残す可能性が考えられます。脳と髄膜は接しているので、
脳炎の可能性は常に考えておかなければなりません。ウイルス性髄膜炎の場合でも
ごく稀に、学習障害、てんかん、難聴などの後遺症を残す場合があります。細菌性の
場合はこれらの率がより高くなります。外見上完全によくなった場合でも、脳波などの
定期検査をお勧めします。

サイトマップ
DFP
【症状・兆候】
頭痛の原因|頭痛の種類|メマイとふらつき|吐き気や嘔吐を伴う病気|耳鳴りの原因|危険なしびれの症状|アレルギー原因と症状|肥満の意外な原因 |腹痛|病院での痛い検査夏バテ解消法|冷え性   
【病気】
くも膜下出血 その症状と原因|髄膜炎|水頭症|片頭痛|脳挫傷|アルツハイマー型痴呆|一過性脳虚血発作とは|
パーキンソン病と症候群の違い|うつ病-原因と症状|脳腫瘍|脳出血|急性胃炎生活習慣病|姿勢性症候群|
めまいと病気|インフルエンザ|脳梗塞とは@|脳梗塞とはA|高血圧 |胃腸炎?|病院の診断書|
【医療事務】
医療事務の仕事・資格・求人|医療事務の仕事|救急車の運転|  
【病院・医療ネタ】
注射|つめで肥満体質がわかる?|メタボリックシンドローム|救急病院の問題|病院のカルテ読めますか?|採血の必要性|ジェネリック医薬品|がん予防|デング熱|王監督再入院|名医 |カレーでボケ防止!|王監督退院決定!|
小橋選手、がんを克服し退院!|都会の男性!心疾患に要注意です。|2時間待ち3分診療という病院の現実 |平均寿命 |
ウィニーで精神疾患患者データ流出 |人気ドラマ『白い巨塔』『医龍』に見る大名行列|王監督、手術成功!|
メンタルヘルス|メンタルヘルスA|
【病院】
風邪をひいたら・・・|病院勤務の特権|医療関係者はおたく?|意識障害の患者|病院の売上目標|病院の朝|
新人看護師の事件簿|白衣の天使|放射線室での喜劇|デジャヴ〜交通事故の少女〜|霊安室の恐怖 |脳腫瘍の患者|
交通事故の患者@|交通事故の患者A|交通事故の患者B|
【医療制度】
健康保険証に臓器提供意思表示欄|延命治療の是非|医療費抑制に拍車|
【健康・ダイエット】
デトックス健康法  
【病院で起きた事件】
心筋梗塞|宿直時の大地震|車炎上?|
【いい医者の見分】
いい医者の見分け方|名医とは|
【医療ミス(病院での医療過誤)】
群馬大学病院での医療ミスについて|病院の医療ミス
【自己紹介】
私が病院を辞めた訳


【PR】病院 就業規則 ・ クリニック 就業規則
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。